全日本トラック協会、CO2排出量簡易算定ツールの新バージョン公表

トラック

6月22日、全日本トラック協会は、トラック運送事業者用CO2排出量簡易算定ツールのVer.2をリリースした。

本ツールは、CO2排出量の算定を、自社で把握しているデータの内容と精度(詳しさ)によって3つのステップに分け、それぞれのステップに応じた帳簿フォーマットを使用して排出量を把握する仕組みである。今回発表されたバージョンは、「トライアル版」に対する意見内容を反映させ、「【STEP3】貸切輸送」についてのツールを加えたものとなっている。

全日本トラック協会は、2050年のカーボンニュートラルをトラック運送業界全体で目指すため、令和4年3月に、2030年度を目標とする『トラック運送業界の環境ビジョン2030』を策定した。

本計画では、「サブ目標 2」として、運送事業者が自社の事業用トラックのCO2排出量を把握することを掲げており、各事業者がCO2排出量を簡易に算定できるツールを、令和4年6月に「トライアル版」として公表した。

【参照ページ】
トラック運送事業者用 CO2排出量簡易算定ツール

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る