バンク・オブ・アメリカ、SAF購入プログラムで旅行排出量に対応

バンク・オブ・アメリカ、SAF購入プログラムで旅行排出量に対応

6月21日、バンク・オブ・アメリカは、アメリカン・エキスプレス・グローバル・ビジネス・トラベル(アメックスGBT)とシェル・アビエーションが提供する持続可能な航空燃料(SAF)購入プログラムに参加することを発表した。

ブロックチェーンを活用したAveliaプラットフォーム上で100万ガロンのSAFを使用して昨年開始された本プログラムは、ブック・アンド・クレーム・モデルを利用しており、出張者は出発空港でSAFが入手できない場合でも、SAFの代金を支払い、環境上のメリットを請求することができる。

本ソリューションは、シェルとアクセンチュアがエネルギー・ウェブ財団(EWF)の支援を受けて開発したもので、アメックスGBTの出張管理サービスも含まれ、1万9,000人のグローバル顧客からのSAFに対するグローバルな需要を集約している。

今回の発表は、本プログラムに参加する最初の金融機関となる。バンク・オブ・アメリカは昨年、SAFに焦点を当てた一連のコミットメントを設定した。これには、2030年までに10億ガロンのSAFの生産と利用を支援し、SAFやその他の低炭素航空ソリューションの生産に20億ドル(約2,836億円)の持続可能な資金を動員する目標や、2030年までに企業および商業用ジェット燃料の年間総使用量の少なくとも20%(年間約300万ガロンのSAFに相当)にSAFを利用する目標などが含まれる。

【参照ページ】
(原文)Bank of America to Join one of the World’s Largest Sustainable Aviation Fuel (SAF) Programs
(日本語訳)バンク・オブ・アメリカ、世界最大級の持続可能な航空燃料(SAF)プログラムに参加

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る