Blackstone、約3,400億円の投資でNIPSCOの石炭から再生可能エネルギーへの移行を支援

Blackstone、約3,400億円の投資でNIPSCOの石炭から再生可能エネルギーへの移行を支援

6月20日、エネルギー企業NiSourceは、インディアナ州に拠点を置く電力・ガス会社NIPSCOの株式19.9%を、オルタナティブ投資マネージャーBlackstoneのインフラ投資部門 Blackstone Infrastructure Partners に売却することで合意したと発表した。

NIPSCOは米国の公益事業セクターにおいて、石炭火力からの転換を最も急速に進めている最中である。

NIPSCOは、2028年までに石炭火力発電の比率を0%とする目標を設定している(2018年の石炭火力発電の比率は75%)。また、2030年までに35億ドル(約5,000億円)を発電転換投資に投資する見込みで、石炭発電を新しい再生可能エネルギー設備に置き換えることに主眼を置いている。NIPSCOはまた、ガスと電気の送配電システムの成長と近代化を支援するとしており、同社は「エネルギー転換において重要な役割を果たす」と付け加えた。

今回の取引は、Blackstoneのエネルギー転換にフォーカスした一連の投資案件の最新版となる。今年初めにはCDPQやInvenergyと共にAEPから再生可能エネルギー・ポートフォリオを15億ドル(約2,100億円)で取得し、2022年後半には Rivean Capital と共に屋上設置型太陽光発電会社Esdec Solarを買収した。

Blackstoneは昨年、今後10年間で推定1,000億ドル(約14兆円)をエネルギー転換と気候変動解決プロジェクトに投資する機会があると述べている。

【参照ページ】
(原文)NiSource announces agreement to sell minority equity interest in NIPSCO to strengthen financial foundation and support sustainable, long-term growth
(日本語参考訳)Blackstone、約3,400億円の投資でNIPSCOの石炭から再生可能エネルギーへの移行を支援

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る