欧州委員会とWHO、世界的なデジタルヘルス・システム構築で提携、保健衛生の安全保障を強化

6月5日、欧州委員会と世界保健機関(WHO)は、デジタルヘルスパートナーシップの開始を発表した。WHOはEUのデジタルCOVID-19認証システムを取り込み、現在進行中および将来の健康上の脅威から世界中の市民を守るための世界的なシステムを確立する。本取り組みは、WHOグローバル・デジタルヘルス認証ネットワーク(GDHCN)の構築に向け、すべての人により良い健康を提供するための幅広いデジタル製品を開発するためのものである。

EUのグローバルヘルス戦略とWHO加盟国のデジタルヘルスに関するグローバル戦略に基づき、本イニシアティブは、2022年12月2日のグローバルヘルス問題に対する戦略的協力の強化に関する合意に続くものである。本パートナーシップによって、WHOを中核とし、強力なEUが後押しする強固な多国間システムがさらに強化される。

本パートナーシップには、WHOシステムの開発、管理、実施における緊密な協力が含まれ、欧州委員会の豊富な技術的専門知識を活用することができる。その第一歩は、現在のEUの電子証明書が引き続き効果的に機能するようにすることである。

EUのCOVID-19パンデミック対策における重要な要素のひとつが、デジタルCOVID証明書である。EUは、国境内の自由な移動を促進するため、相互運用可能な「COVID-19証明書」(「EUデジタルCOVID証明書」または「EU DCC」)を迅速に確立した。オープンソースの技術と標準に基づき、EU DCCの仕様に従って証明書を発行する非EU諸国との接続も可能になり、世界で最も広く利用されるソリューションとなった。

パンデミックの発生当初から、WHOはすべてのWHO地域と協力して、このような証明書の全体的なガイドラインを定義した。WHOは、拡大する健康上の脅威に直面する世界的な健康への備えを強化するため、EUのDCCフレームワーク、原則、オープン・テクノロジーの強固な基盤の上に構築された、世界的なデジタルヘルス認証ネットワークを確立しようとしている。本協力により、WHOはデジタル証明書のコンバージェンスから世界が恩恵を受けられるようにすることを目指し、独自の体制で本プロセスを世界的に促進する。本プロセスには、不正行為を防止するための電子署名の標準設定と検証も含まれる。その際、WHOはいかなる個人データにもアクセスすることはない。

世界的なWHOシステムは、2023年6月に運用が開始され、今後数ヶ月の間に順次開発されることを目指す。

【参照ページ】
(原文)Digital Health: Commission and WHO launch landmark digital health initiative to strengthen global health security
(日本語訳)欧州委員会とWHO、世界的なデジタルヘルス・システム構築で提携、保健衛生の安全保障を強化

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る