エレン・マッカーサー財団、企業に循環型フードデザインの導入を奨励

エレン・マッカーサー財団、企業に循環型フードデザインの導入を奨励

5月24日、エレン・マッカーサー財団は、小売業者、サプライヤー、生産者、新興企業に対し、循環型フードデザインの導入を促す「Big Food Redesign Challenge」を開始することを発表した。

本イニシアティブは、企業が循環型デザインの原則を使用して新しい食品を設計するか、既存の食品を再設計することに挑戦するもので、自然を再生する方法で生産されることを意味する。

エレン・マッカーサー財団は、気候変動、生物多様性の損失、廃棄物、汚染に対処するため、循環型経済の発展を推進しており、コンペティションの最初のデザインが年内に完成し、成功したコンセプトは2024年に生産開始されることを期待している。

Big Food Redesign Challengeは、People’s Postcode Lotteryを通じて集められた資金とDream Fundを通じて授与される資金によって支えられており、Schmidt Family Foundationによる追加サポートもある。

【参照ページ】
(原文)Ellen MacArthur Foundation Launches Industry Challenge to Redesign our Food System
(日本語訳)エレン・マッカーサー財団、企業に循環型フードデザインの導入を奨励

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る