Sainsbury’s、MSC認証のPB商品を販売、低価格路線も継続

5月23日、英小売大手のSainsbury’sは、持続可能な魚の調達への取り組みをさらに強化し、4大スーパーマーケットで唯一、MSC(海洋管理協議会)認証のツナ缶をプライベートブランド(PB)で販売することを発表した。

Sainsbury’sのツナ缶は、今回初めて独小売大手Aldiをベンチマークに値下げを行うキャンペーン「Aldi Price Match」に採用されることになった。これにより、品質や福祉基準に妥協することなく、買い物客は小売競合企業のツナ缶よりも安い価格で手に入れることができるようになる。

Sainsbury’sは、買い物客が最も頻繁に購入する商品の価格を低く抑えるというコミットメントのもと事業を展開している。同社は、鶏の胸肉、牛乳、卵、おむつやシリアルなどの生活必需品を含む約300の商品を対象としている。英国の買い物客の約70%がツナ缶を食していることから、ツナ缶商品も対象に追加した。

Sainsbury’sは、優れた価値の提供により注力し、購入頻度の高い商品の価格を低く抑えるために5億6,000万ポンド(約980億円)以上の投資を実行した。同社は最近、他の必需品についてもさらなる値下げを発表し、低価格化を反映してPBのパンやバター、牛乳の価格を引き下げた。

Sainsbury’sは、すでに責任ある魚の調達において業界をリードしており、水産物販売の100%が独立した認証を受けることにコミットしている。同社は、PBツナ缶製品にMSCロゴを表示することを約束したほか、一般的に環境への影響が少なく、地元の漁師の雇用を支える一本釣りマグロ100%への移行も進めている。また、同社は、モルディブの一本釣りマグロの最大輸入業者となり、同国では観光業に次いでマグロ漁が第一の収入となっている。

【参照ページ】
(原文)Sainsbury’s making waves to improve welfare across own-brand tuna and cut prices for customers
(日本語訳)Sainsbury’s、MSC認証のPB商品を販売、低価格路線も継続

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る