Microsoft、史上最大規模の炭素除去契約を締結

5月15日、MicrosoftとデンマークのエネルギープロバイダーであるØrstedは、276万トンの炭素除去物の購入に関する契約を締結したと発表した。本契約は、これまでの炭素除去物のオフテイク取引としては、最大規模のものとなる。

本契約により、Ørstedはデンマークのアスネス発電所で発生するバイオマス燃焼による排出物である生物起源炭素を11年間にわたり回収・貯蔵することになる。

木屑焚きのアスネス発電所は、グレーターコペンハーゲン地域にあるアヴェドール発電所の藁焚きボイラーとともに、Ørstedの「Kalundborg Hub」炭素回収・貯蔵(CCS)プロジェクトの一部を構成している。

Ørstedは月曜日、デンマークエネルギー庁(DEA)からCCSプロジェクトの20年契約を受注したと発表した。本プロジェクトでは、2025年に発電所から排出される生物起源炭素の回収・貯留を開始し、2026年初めから毎年約43万トンのCO2を回収・貯留すると見込んでいる。

Microsoftは、2030年までにカーボン・マイナスを実現し、2050年までに過去の全排出量を削減することを目標としており、本契約はその一環となるもの。Microsoftは最近、気候変動対策企業のCarbonCaptureおよびスタートアップのClimeworksとDirect Air Capture(DAC)ベースの契約を発表し、3月にはオーシャン・ヘルス企業のRunning Tideと海洋ベースのCO2除去に関する最初の契約を締結している。

Ørstedは、2021年にMicrosoftおよび炭素捕捉技術プロバイダーのAker Carbon Captureと協力関係を結び、バイオマス焚き火熱発電所での炭素捕捉開発の技術的、規制的、商業的可能性を探っている。Aker Carbon Captureは、本プロジェクトの炭素回収プロバイダーとして、同社の「Just Catch」ユニット5基をCHPプラントに提供する。

【参照ページ】
(原文)Ørsted awarded contract – will capture and store 430,000 tonnes of biogenic CO2
(日本語訳)Microsoft、史上最大規模の炭素除去契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る