RWEとWestfalen Group、リンゲンに水素燃料ステーションを設置

RWEとWestfalen Group、リンゲンに水素燃料ステーションを設置

5月10日、RWEとWestfalen Groupは、将来的に水素自動車向けのグリーン水素の供給で協力することを発表した。RWEとWestfalenは、合弁事業を通じて、特に大型商用車向けの水素燃料ステーションインフラをドイツで整備することを目指す。市場の発展状況にもよるが、2030年までに最大70基の水素燃料ステーションを設置する予定である。

本パートナーシップは、当初はNorth Rhine-Westphalia州とLower Saxony州に地域的な重点を置く予定である。拡大にあたっては、それぞれの地域のロジスティクス企業との調整が行われる。最初の設置場所は、水素ステーションを経済的に効率よく運営するのに最適な条件を備えた物流センターの近くとし、これに続いてアウトバーン沿いにも設置する計画である。

本合弁会社による最初の公共用水素燃料ステーションは、RWEのEmsland gas火力発電所の敷地前に設置される予定である。2024年から、貨物車、バス、ごみ収集車、小型トラック、乗用車がそこでグリーン水素を補給できるようになる。Westfalenが運営する本施設には、タンカーがグリーン水素を地域の他の顧客に届けるためのトレーラー充填所も併設される予定である。

燃料ステーションと充填ステーションで使用するグリーン水素は、まずRWEがEmsland gas火力発電所の敷地内に建設中の14メガワットのパイロット電気分解機で生成される予定である。

連邦デジタル問題・運輸省は、国家水素・燃料電池技術革新プログラムの一環として、リンゲンの水素充填所建設に600万ユーロ(約8億8,652万円)以上の資金を提供する。本資金調達指令は、NOW GmbHが調整し、Project Management Jülich (PtJ)が実施する。

本提携計画に対する独占禁止法上の審査が良好であれば、RWEとWestfalenは今年末までに合弁会社を設立する予定である。

【参照ページ】
(原文)Green hydrogen for commercial vehicles – RWE and Westfalen Group set up hydrogen fuel station in Lingen – go-ahead for national fuel station network
(日本語訳)RWEとWestfalen Group、リンゲンに水素燃料ステーションを設置

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る