BASF等4社による共同プロジェクト、多層包装のクローズド・ループ・リサイクルに成功

5月3日、BASF、Krones、SÜDPACK、TOMRAの4社が参加する共同プロジェクトにより、PET/PE多層包装を個々のコンポーネントに分離し、原材料として材料サイクルに戻すことが可能であることが証明された。フレンスブルクのクロネス・パイロット工場で行われた最初の工業試験で、PET/PEコンポーネントの69パーセントを完全に分離し、さらに12パーセントを部分的に分離することに成功した。本試みは、多層包装をリサイクルするために既存のインフラのみを使用する。

プロジェクトの第一段階は、2021年初めにTOMRAがPET/PEトレーで最初の選別試験を行ったときに開始された。これらのトレーは、BASFが開発した「剥離接着剤」を使用してSÜDPACKが製造したもの。食品、非食品、医療品の包装用高性能フィルムのトップメーカーであるSÜDPACKは、廃棄物ゼロの企業になることを約束している。

マテリアルサイクルを完結させるためには、リサイクル可能な多層フィルムをまず廃棄物の流れから分別する必要があった。このステップの成功の決め手となったのは、TOMRAのAUTOSORTTM技術によるリサイクル可能なPET/PEトレイとリサイクル不可能なトレイの分離である。

特にプラスチックのリサイクルシステムを開発するKronesは、2022年7月にプロジェクトチームに参加。同社のパイロットプラントの1つで、ラミネートされたPET/PEフィルムを工業規模で単層に分離することが可能かどうかを検証するための試験が行われた。PETのリサイクルによく使われる標準的な高温洗浄プロセスを適用した結果、分離されたPETとPEはモノマテリアルとして再利用できるようになった。

多層フィルムは、食品業界を中心に、さまざまな包装材に使用されているが、これまで多層フィルムのリサイクルは、フィルムが異なる素材でできているため、困難であることが指摘されていた。欧州グリーンディールでは、2030年までに包装材を大きくリサイクルできるようにすることが規定されている。今後、その詳細は「包装・包装廃棄物規則(PPWR)」で規制される予定。

【参照ページ】
(原文)Collaboration project shows: multi-layer packaging can be separated and recycled on an industrial scale
(日本語訳)BASF等4社による共同プロジェクト、多層包装のクローズド・ループ・リサイクルに成功

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る