Verra、UNFCCC CDMの稲作メソドロジーを廃止

3月20日、国際的なカーボンオフセット基準管理団体Verraは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のクリーン開発メカニズム(CDM)に基づくVerified Carbon Standard (VCS)プログラムにおける、稲作における水管理方法の調整によるメタンガス排出量の削減規格「AMS-III.AU」の使用を恒久的に停止した。

本手法の恒久的な停止の理由は3つである。1つ目はフィールド層別化のためのガイダンスが不十分だったこと、2つ目は亜酸化窒素排出量と土壌有機炭素蓄積量の変化に対する考慮、会計処理、モニタリングが欠如していたこと、3つ目はメタン測定実施のための標準化されたガイダンスが存在しないことであった。

Verraは、新たな企画として「VM0042 Methodology for Improved Land Management」に基づく米作企画を策定することも発表した。

【参照ページ】
(原文)Verra Inactivates UNFCCC CDM Rice Cultivation Methodology
(日本語参考訳)Verra、UNFCCC CDMの稲作メソドロジーを廃止

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2024-2-21

    マイクロソフト、新興企業Neustarkと再生コンクリートに炭素を回収・貯蔵する契約を締結

    2月14日、マイクロソフトと二酸化炭素除去(CDR)ソリューション・プロバイダーのNeustark…
  2. クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2024-2-21

    クリーンテック新興企業Rimere、約15億円を調達

    2月13日、気候ソリューション企業のRimereは、再生可能天然ガス(RNG)プロバイダーのCle…
  3. KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2024-2-21

    KPMG調査:約半数の企業がESGデータの管理にまだスプレッドシートを使用

    2月13日、プロフェッショナル・サービス会社であるKPMG USが発表した新しい調査結果によると、…

アーカイブ

ページ上部へ戻る