Verra、UNFCCC CDMの稲作メソドロジーを廃止

3月20日、国際的なカーボンオフセット基準管理団体Verraは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のクリーン開発メカニズム(CDM)に基づくVerified Carbon Standard (VCS)プログラムにおける、稲作における水管理方法の調整によるメタンガス排出量の削減規格「AMS-III.AU」の使用を恒久的に停止した。

本手法の恒久的な停止の理由は3つである。1つ目はフィールド層別化のためのガイダンスが不十分だったこと、2つ目は亜酸化窒素排出量と土壌有機炭素蓄積量の変化に対する考慮、会計処理、モニタリングが欠如していたこと、3つ目はメタン測定実施のための標準化されたガイダンスが存在しないことであった。

Verraは、新たな企画として「VM0042 Methodology for Improved Land Management」に基づく米作企画を策定することも発表した。

【参照ページ】
(原文)Verra Inactivates UNFCCC CDM Rice Cultivation Methodology
(日本語参考訳)Verra、UNFCCC CDMの稲作メソドロジーを廃止

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る