Inditex、再生可能な農業システムを拡大するため、Conservation Internationalと約21億円の契約を締結

Inditex、再生可能な農業システムを拡大するため、Conservation Internationalと約21億円の契約を締結

3月21日、Zara、Pull&Bear、Massimo Dutti、Bershka、Stradivarius、Oysho、Zara Homeを展開するファッション小売グループInditexは、世界的な非営利環境団体Conservation Internationalと1,500万ユーロ(約21億円)という大きな契約を締結した。 Inditexの貢献の目的は、Conservation InternationalとKeringが2026年までに100万ヘクタールの作物・放牧地を再生農業システムに転換することを目標に2021年に立ち上げた「自然のための再生基金」の活動を拡大・規模化することである。

この投資は、原材料を基本的に農業に依存しているファッション業界のサステナビリティを高めるために行われる。コットンからウール、レザーからカシミアに至るまで、ほとんどの衣料品は農場や放牧地から始まる。また、農業は自然への影響を与える大きな要因でもある。そのため、再生農法はユニークな解決策を提供し、自然を回復させ、環境に利益をもたらす能力を備えている。これらの農法や放牧が正しく行われれば、土壌の肥沃度と機能を高め、水循環を回復し、生物多様性を高め、炭素を貯蔵することができる。

Conservation International の基金は、今後も再生の成果を促進するプロジェクトを優先し、インディテックスの投資は、人工セルロース繊維と綿花の分野における再生の実践に焦点を当てる。助成金は、自然システムとの調和に重点を置いた再生的実践を試験、証明、拡大する準備が整った農業グループ、プロジェクトリーダー、NGO、その他の関係者に交付される。

プラスチック製ショッピングバッグの廃止に続き、2021年、Inditexは再利用可能なバッグの使用を奨励するため、使い捨ての紙製ショッピングバッグの料金を徴収し始めた。ショッピングバッグチャージイニシアチブで得られた収益は、Water.org、WWF、Action Social Advancement(ASA)などの非営利団体と共同で、環境および社会プロジェクトに全額投資されている。

【参照ページ】
(原文)Inditex signs €15m agreement with Conservation International to scale regenerative agricultural systems
(日本語訳)Inditex、再生可能な農業システムを拡大するため、コンサベーション・インターナショナルと1,500万ユーロの契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る