Iberdrola、支出額の85%を占めるサプライヤーにESG基準への適合を義務付け

4月13日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrolaは、2023年から購入品の85%以上をESG基準に準拠したサプライヤーから購入することを新たに約束し、180億ユーロ(約2兆6,497億円)近くの購入品に相当する2万社のサプライヤーでベストプラクティスを促進することを発表した。

本目標は、2021年に設定した、100万ユーロ(約1億4,721万円)以上の購買を行うサプライヤーの70%からESG基準の要件と持続可能な開発方針および基準を求めるという事前目標から大幅に引き上げられたものである。

Iberdrolaの「Global Supplier Sustainability Evaluation Model」は、SDGsに関連する目標、気候変動リスクの管理、循環経済戦略、人権デューデリジェンス、コンプライアンス、ガバナンス、企業倫理などの分野でサプライヤーのパフォーマンスを測定し、サプライヤーは裏付けとなる証拠や文書の提出を要求される。

Iberdrolaは、ESG計画は企業を排除しようとするのではなく、「チェーン全体が企業の原則に沿うよう促す」ことを目的としているとし、ESG改善提案の仕組みにより、当初要求レベルを満たしていなかった1000社以上のサプライヤーが集まり、2020年から2022年にかけて契約したサプライヤーの77%以上が、定められた基準を満たし持続可能な開発の方針や基準に従っていると指摘した。

Iberdrolaは、調達の意思決定に組み込まれたESG測定モデルは2023〜2025年の期間も維持されるとしながらも、2040年のサステナビリティ目標の達成に向け、新たな気候関連の行動計画が検討されているとしている。2022年11月、Iberdrolaは、2030年までに発電所のカーボンニュートラルを達成し、2040年までに全バリューチェーンでネット・ゼロを達成する目標を発表した。

【参照ページ】
(原文)We accelerate ESG criteria at our 20,000 suppliers worldwide
(日本語訳)イベルドローラ、支出額の85%を占めるサプライヤーにESG基準への適合を義務付け

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る