CarbonCapture、MicrosoftとDACの契約を締結

Microsoft、Direct Air Capture Carbon Removalの契約を締結

3月24日、米国カリフォルニア州に本社を置く気候変動対策企業CarbonCaptureは、同社のDirect Air Capture(DAC)技術によって生成された炭素除去クレジットの購入について、Microsoftと合意したことを発表した。

DAC技術は、IEAがネット・ゼロ・エネルギー・システムへの移行における重要な炭素除去オプションとして挙げているもので、大気中から直接CO2を抽出し、原料として使用したり、貯蔵と組み合わせることで永久的に除去する。昨年のIPCC気候変動緩和研究によると、温暖化を1.5℃に抑えるシナリオでは、二酸化炭素の除去方法は今後数十年で年間数十億トンに拡大し、DACはそのかなりの部分を占める可能性があるとされている。

Microsoftとの新たな契約は、CarbonCaptureが2022年9月に発表した、ワイオミング州における新しいDACプロジェクト「Project Bison」に続くもので、炭素貯蔵開発企業のFrontier Carbon Solutionsと共同で、大気中から年間500万トンの二酸化炭素を永久的に除去・貯蔵することを目的としている。本プロジェクトは、2023年後半に稼働し、2030年まで複数のフェーズで開発を進め、年間500万トンの容量に到達する予定である。

本契約は、Microsoftが発表した一連の炭素除去契約の最新版であり、2030年までにカーボン・マイナスを実現し、2050年までに過去の排出量をすべて除去するという同社のイニシアティブの一部を成すものである。Microsoftは最近、新興企業のクライムワークスと10,000トンの二酸化炭素排出を永久的に除去するDACベースの契約を締結したことを発表した。

【参考ページ】
(原文)Microsoft to Buy Carbon Removal Credits from CarbonCapture
(日本語参考訳)CarbonCapture、MicrosoftとDACの契約を締結

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る