Tetra Pak、ForMAXと共同で持続可能な繊維ベースの食品包装の開発研究を開始

Tetra Pak、ForMAXと共同で持続可能な繊維ベースの食品包装の開発研究を開始

2月7日、Tetra Pakは、世界最先端の放射光研究所の一つであるForMAX “MAX IV “と共同で、持続可能な繊維ベースの食品包装を前進させるための新たな研究を開始した。本研究は、繊維材料のナノ構造に関する新たな知見を得ることを目的としており、最初の応用として、ペーパーストローに使用される材料の組成を最適化することを目指している。

これは、スウェーデンのルンドに拠点を置くForMAXによる初の産業用研究開発実験となる。ForMAXは、天然素材の研究に特化しており、MAX IV研究所で研究を行っている。

安全で栄養価の高い食品に対する世界的な需要が高まり、原材料がますます不足する中、Tetra Pakは、これらの希少な資源の使用量を抑えた、より持続可能なパッケージングソリューションの開発が急務であるとしている。紙ベースの新素材は新たな機会を提供するが、食品安全性、リサイクル性、液体や湿気への耐性を備え、さらに持続可能性の要件を満たしている必要がある。

未来のパッケージは、完全にリサイクル可能で、環境負荷が低いものでなければならない。そのため、再生可能な材料の使用と、パッケージングにおける繊維ベースの材料の使用拡大が重要になる。この研究により、Tetra Pakは、将来のイノベーションの基礎となる植物由来材料に関する新しい洞察を得ることに貢献する。

【参照ページ】
(原文)Tetra Pak commences first-of-its-kind research into fibre-based food packaging
(日本語参考訳)テトラパック、繊維素材を用いた食品包装に関する世界初の研究を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る