IKEA、気候変動への影響を軽減するため、バイオベースの接着剤に切り替えへ

IKEA、気候変動への影響を軽減するため、バイオベースの接着剤に切り替えへ

3月1日、IKEAは、同社の温室効果ガス(GHG)排出の大きな原因となっている接着剤の化石由来からバイオ由来への切り替えを開始することを発表した。

IKEAによると、主にボード製造に使用される接着剤の使用は、同社のバリューチェーン全体の気候変動フットプリントの5%を占めるという。同社によると、今回の発表は、化石由来の糊に代わるものを見つけるための10年にわたる試行錯誤の結果だという。

製造時に排出される温室効果ガス(GHG)への対応は、2030年までにバリューチェーンが生み出す排出量よりも多くの排出量を削減するという、気候変動に配慮したイケアの公約の主要部分を占めており、サプライチェーンの排出量はIKEAの気候フットプリントのほぼ3分の2を占めている。IKEAは先月、サプライヤーの再生可能エネルギー利用を支援するプログラムを大幅に拡充することを発表しており、今回のグルー・イニシアティブはそれに続くものだ。

新たな発表の一環として、IKEAは、化石由来の接着剤の使用量を40%、接着剤による気候変動フットプリントを30%削減し、2030年までにサプライチェーン内のほとんどのボード製造工場で、気候変動フットプリントがより小さい接着剤を使用する目標を発表している。また、100%バイオベースの接着剤使用への移行を可能にするため、外部パートナーと新しい接着剤ソリューションを試験的に導入するアクセラレータープログラムを開始したと発表した。

IKEAの取り組みの一例として、リトアニアのKazlu RudaにあるIKEAの工場の1つでは、フードバリューチェーンから切り離された工業的に栽培された植物から作られたトウモロコシ由来のテクニカルスターチを使ったグルーシステムを使用中であると述べている。

【参照ページ】
(原文)IKEA to use bio-based glue for reduced climate footprint
(日本語参考訳)イケア、バイオベースの接着剤を使用し、気候変動への影響を軽減

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る