BlocPower、低所得者向け建物の脱炭素化を拡大するために200億円超を調達

気候テックスタートアップのBlocPower、低所得者向け建物の脱炭素化を拡大するために約203億円を調達

3月1日、気候テック企業であるBlocPowerは、低所得者層における建物の脱炭素化に焦点を当てたプラットフォームの成長と発展のためとして、1億5,000万ドル(約203億円)以上の資金調達を発表した。

今回の資金調達ラウンドでは、気候変動に特化したベンチャー投資家であるVoLo Earth Venturesが主導するシリーズBの企業株式2400万ドル(約32億円)以上と、Goldman Sachsが主導する負債ファイナンス1億3000万ドル(約176億円)が含まれ、BlocPowerのこれまでの資金調達総額は2億5000万ドル(約339億円)を超えることとなった。

2014年に設立されたBlocPowerは、米国の都市部を中心に、クリーンエネルギー・プロジェクトの分析、リース、プロジェクト管理、モニタリングに独自のソフトウェアを活用し、住宅や建物の分析、資金調達、アップグレードを行っており、脆弱なコミュニティにおけるリスクのある個人の訓練と雇用に焦点を当てたグリーン人材育成イニシアティブ「Civilian Climate Corps」も運営している。

同社は急成長を遂げており、2020年のシリーズAファイナンス以降、収益は40倍に増加し、これまでに完了したエネルギープロジェクトは5,000件を超えている。

同社は、今回の新資本により、ヒートポンプやビル電化プログラムの拡大など、全国の脱炭素化プロジェクトの拡大と資金調達が可能になるとともに、同社独自の分析プラットフォームの開発、融資・管理能力の拡大、労働力育成の取り組みの拡大が可能になると述べている。

【参照ページ】
BlocPower Announces $150 Million Financing, is Honored by Vice President Harris, Unveils Corporate Rebrand

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

    2023-3-14

    独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

    2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP)&n…
  2. bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

    2023-3-14

    bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

    2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資…
  3.  

    2023-3-14

    成田国際空港と東京ガス、「株式会社 Green Energy Frontier」を設立・事業開始

    2月20日、成田国際空港(NAA)と東京ガス株式会社(東京ガス)は、成田国際空港にエネルギー供給を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る