Lloyds銀行、電気自動車リース会社タスカーを約492億円で買収

Lloyds銀行が電気自動車リース会社タスカーを約492億円で買収

2月22日、英国の銀行Lloyds Banking Groupは、Lloydsのネット・ゼロ目標の支援と車両リース事業の拡大を目的として、EVに特化した車両管理・リース会社タスカーを約3億ポンド(約492億円)で買収すると発表した。

タスカーは、2008年に英国初の自動車給付制度を開始し、従業員が毎月の給与から一定額を税引き前払いし、新車、保険、ロードサイドアシスタンスサービスを受けられる「給与犠牲」制度を企業に提供している。同社は電気自動車(EV)と超低排出ガス車(ULEV)に焦点を当て、中小企業から大手上場企業まで幅広い顧客を対象としている。

EV100のメンバーであるタスカーは、2030年までに保有する車両をすべて電動化することを約束している。タスカーの保有する23,000台以上の車両の60%が電気自動車であり、今後の受注により77%まで増加させる予定だ。

Lloydsは、この買収を発表した声明の中で、「英国がより持続可能な社会を構築し、2050年またはそれ以前にネット・ゼロ・エミッション目標を達成するのを支援するというグループの野心を支えることになる」と述べている。Lloydsはネット・ゼロ・バンキング・アライアンス(NZBA)の創設メンバーであり、2050年までに融資活動全体でネット・ゼロを達成すること、また顧客と協力して2030年までに融資による排出量を50%以上削減することを約束している。

また、今回の買収により、Lloydsは自動車リース・ファイナンス事業であるレックス・オートリースとともに、リース事業のポートフォリオを拡充することになる。

【参照ページ】
(原文)Lloyds Banking Group acquires low emission vehicle leasing company Tusker

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る