BNP Paribas、石油生産融資残高を2030年までに80%以上削減

1月24日、パリを拠点とする金融機関であるBNP Paribasは、石油採掘と生産に対する資金供給を80%以上削減し、2030年までに10億ユーロ(約1,420億円)未満にすると発表した。本目標は、企業への融資額全体ではなく、化石燃料活動の資金調達に使われる現金の額に基づいている。

Bloombergがまとめたデータによると、2016年に気候変動に関するパリ協定が採択されて以来、同行は同分野に約735億ドル(約9.7兆円)を貸し出し、炭化水素エネルギー企業に対する欧州トップの融資先となった。また、同部門への債券融資のアレンジャーとしても、欧州でトップクラスにある。

同銀行は、Friends of the Earthなどの活動家から、いわゆる「警戒義務」(企業が事業による悪影響を防止するためのフランスの法的義務)を尊重していないとして、法的な挑戦を受ける可能性に直面している。

BNP Paribas は、2030年までに低炭素エネルギー生産に特化した融資を40%以上増加させることを目指すと発表した。同行はグリーンボンドのアレンジャーとしては欧州でトップで、2022年には195億ドル(約2.5兆円)相当の資金をアレンジしている。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas, a leader in financing the energy transition, enters a new phase of rapid acceleration
(日本語参考訳)エネルギー転換への融資をリードするBNPパリバ、急加速の新局面を迎える

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る