UNEP FI、プラスチック汚染をなくすための国際的な合意形成を支援するイニシアティブを発表

 

1月17日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)はプラスチック汚染問題撲滅での各国政府の合意形成支援と世界の金融セクターの役割を実践するための新たなイニシアティブである「Finance Leadership Group on Plastics」の発足を発表した。

政府間交渉委員会(ING)が発足を主導した本イニシアティブは、銀行・保険会社・投資家にとって望ましい結果について、INCに意見や提案を提供する予定であることを発表した。また、意識啓発、能力開発、目標設定の支援を通じて、金融セクターがプラスチック汚染に対して行動するための準備態勢を構築する。

毎分ゴミ収集車1台分のプラスチックが海に捨てられ、2040年までにその生産量が倍増すると予想されているプラスチック汚染は、地球環境と社会にとって深刻な脅威となっている。気候変動、生物多様性の損失、汚染、公衆衛生と密接に関連し、プラスチック汚染を終わらせるために重要な役割を担う金融業界にとって、高いリスクと同時に機会も提供している。

UNEP FIが招集し、Minderoo Foundationが後援するこのグループは、すでにAllianz、ING、ProCredit Group、Woori Financial Groupなどの金融機関で構成されており、今後、責任投資原則(PRI)に協力する銀行や保険会社約10社に拡大し、この課題に関して中期的に金融機関の幅広いコミュニティを結集させることを目指している。

また、世界経済フォーラム(WEF)のグローバル・プラスチック・アクション・パートナーシップから戦略的支援を受け、エレン・マッカーサー財団や世界自然保護基金(WWF)が主導する世界プラスチック条約のためのビジネス連合などのイニシアティブと連携して、一貫性を確保する予定である。

金融機関は、プラスチック汚染をなくすために必要なシステム変革に資金を提供し、プラスチック条約に貢献する重要な役割を担っている。

【参照ページ】
(原文)New finance leadership group supporting development of international agreement to end plastic pollution
(日本語参考訳)UNEP FI、プラスチック汚染をなくすための国際的な合意形成を支援するイニシアティブを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る