MARKET FORCES、LNGの拡大を批判 再生可能エネルギーの拡大と移行を主張

MARKET FORCES、LNGの拡大を批判 再生可能エネルギーの拡大と移行を主張

12月15日、国際環境NGOであるMARKET FORCESは日本企業が進めるアジアでの液化天然ガス(LNG)事業計画を批判するキャンペーンを開始した。

本キャンペーンで主張した主な要点は以下である。

  • LNGへの依存は、日本や他の国々を激しい価格変動と財務リスクにさらす。
  • LNGに切り替えても脱炭素にならない。
  • 日本企業が進めるアジアのLNG開発が、パリ協定で世界が目指す気候目標達成を頓挫させ、日本の評判を脅かす恐れがある。
  • 再生可能エネルギーを拡大し、LNGから移行することが、日本のエネルギー自給率向上につながる。

MARKET FORCESはLNGへの依存が強まるほど、エネルギーシステムがより脆弱化すると指摘した。LNGは国際情勢に左右されやすく、価格変動の激しい化石燃料であることが理由であるという。三菱商事やJERAなどの企業のみならず、エネルギー資源のほとんどを輸入に頼る日本にとってはなおさら、極めて財務リスクが高い資源であるという。

日本の平均LNG輸入価格は、2020年のMMBtuあたり7.78ドル(約1,018円)から直近では20ドル(約2,616円)に高騰し、未契約のLNG価格はMMbtuあたり70ドル(約9,156円)に達している。このことからも分かる通り、中長期的なLNG価格を見通すことは困難だという。また、日本は輸入LNGに年間3兆円も費やしており(2020年)、貿易赤字の拡大を招いていることも指摘した。

最新分析によると、火力発電の燃料を石炭からガスに切り替えても脱炭素につながらず、パリ協定の気候目標を達成できるほどの温室効果ガス削減につながらないことが明らかになっているという。そのため、石炭からLNGへの切り替えは、ネット・ゼロ達成にふさわしくないと結論づけた。

一方で、LNGではなく再生可能エネルギーを拡大し移行することが、日本のエネルギー自給率向上につながることも言及した。

【参照ページ】
LNGの拡大は、日本の未来への負債

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る