石油・ガス気候変動イニシアティブ、海運団体と大規模な船上CO2回収実証プロジェクトに着手

 

10月5日、世界的な石油・ガス開発企業12社で構成する「石油・ガス気候変動イニシアティブ」(OGCI)は、世界的な海運・エネルギー関係の19のパートナーで構成する「海上脱炭素化グローバルセンター」(GCMD)、スウェーデンのタンカー船社ステナバルクと、大規模な船上CO2回収を実証する二年間のプロジェクトへの着手を発表した。

本プロジェクトでは、船上で30%以上のCO2回収、すなわち毎時約1,000キログラムのCO2回収を目標に、CO2を回収する際の運用上の課題を評価するため、ステナバルクの中距離タンカーに船上CO2回収システムを搭載して試験する。

また、船上でのCO2回収・貯留のみならず、船から陸までのCO2利用・貯留も対象とする。これにより、船舶によるバリューチェーン全体でのCO2回収を実証する予定である。さらに、船上でのCO2回収のコストを1トン当たり150ユーロ以下に低減させ、将来的に本技術を商業化することも目指している。

本実証の進展は、3つの段階を設けており、第1段階では船上CO2回収システムの概念設計と前工程設計(FEED)、第2段階では船上CO2回収システムのプロトタイプの設計・調達・建設(EPC)を行う。第3段階では船上CO2回収システムをステナバルクの中距離タンカーに搭載し、海上で試運転をする。

【参照ページ】
石油・ガス世界大手「OGCI」、海運団体と大規模な船上CO2回収実証プロジェクトに着手

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る