10月3日、ドイツの再生可能エネルギーに特化した電力会社RWEは、Con Edison Clean Energy Businesses (Con Edison CEB)を企業価値68億ドル(約9,800億円)で買収すると発表した。

カタールの政府系ファンドであるQIAの支援を受けた本取引により、RWEの米国における自然エネルギーポートフォリオは約2倍の7GW以上の運用資産となり、米国内の陸上風力、太陽光、バッテリーなどのプロジェクトパイプラインは24GW以上に増加することになる。RWEによると、本買収により、同社は米国で第4位の再生可能エネルギー企業、同国第2位の太陽光発電事業者になるという。

Con Edison CEBは、ニューヨークの電力会社Consolidated Edison(Con Ed)のグループ企業の一つである。Con Edison CEBは、再生可能エネルギー発電所の運営・開発を行い、Con Edison Development、Con Edison Energy、Con Edison Solutionsの3つの子会社を通じて事業を展開している。現在、約3GWの発電容量を持ち、その約90%が太陽光発電であり、7GWの開発パイプラインを有している。

本買収と同時に、RWEはカタールの政府系ファンドが強制転換社債を通じてRWEに24億ユーロ(約3,450億円)以上を投資することに合意し、この強制転換社債はRWEの既存株式資本の約10%に相当する株式に転換されると発表した。

【参照ページ】
(原文)RWE agrees to acquire Con Edison Clean Energy Businesses, Inc. and to become one of the top leading renewable energy companies in the United States
(日本語訳)RWE、Con Ed CEBを68億ドルで買収 米国におけるクリーンエネルギーのトッププレーヤーに

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る