Loop、事業拡大のため約57億円を調達

Loop、事業拡大のため約57億円を調達

10月3日、EV充電インフラのスタートアップであるLoop Globalは、同社の米国事業の成長と新たな国への進出を支援する目的で、シリーズA資金調達ラウンドで4000万ドル(約57億円)を調達したことを発表した。

2019年に立ち上げられたLoopは、商業、多世帯住宅、フリート、自治体の不動産所有者がEV充電をより身近で容易に導入できるようにすることを目的に、ターンキーハードウェア、ソフトウェア、継続的な運用サービスベースのソリューションなどのEV充電ソリューションを提供している。同社は現在、米国全50州および世界15カ国でEV充電ソリューションを提供している。

本資金調達は、不動産技術に特化したベンチャーキャピタル会社 Fifth Wall と、サプライチェーンサービス会社 Agility のコーポレートベンチャー部門 Agility Ventures が主導し、Keystone National Group が参加した。また Keystone は Loop に2000万ドル(約29億円)の融資枠を提供し、同社の成長を支援した。

【参照ページ】
(参考記事)Loop raises $60M to send EV charging infrastructure for a Loop

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-11-29

    目指すは建設業界の人的資本の最大化。助太刀が推進するESG・サステナビリティ経営

    2022年10月、建設業界向けマッチングプラットフォーム「助太刀」を運営する株式会社 助太刀は、「…
  2. 2022-11-28

    SACとファッション産業気候行動憲章、スコープ3測定のためのガイダンス発行

    11月8日、アパレル業界の国際サステナビリティ団体Sustainable Apparel Coal…
  3. 2022-11-28

    ネスレ、食糧安全保障と気候変動への耐性強化でアフリカ・フード・プライズと提携

    11月9日、ネスレは、アフリカ農業の変革に向けた取り組みを支援するため、アフリカ・フード・プライズ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る