培養肉生産企業Aleph Farms、事業のグローバル化に向けて1億500万ドルを調達

aleph farms cultivated meet

イスラエルを拠点とする栽培肉企業Aleph Farmsは、消費者に特化したプライベートエクイティL CattertonのGrowth Fundと、ベンチャーキャピタルDisruptADが主導するシリーズB資金調達ラウンドで1億500万ドルを調達したことを発表した。

今回の資金調達ラウンドには、バイオテクノロジー、栄養学、デジタルヘルスに特化したアドバイザリー会社であるSkyviews Life Science社のほか、世界的な大手食品・食肉企業のコンソーシアム、および既存の投資家が参加した。

培養肉は、抗生物質の過剰使用、動物福祉、温室効果ガス、土地、水のフットプリントなど、動物製品の生産システムにおける


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る