ノルウェー銀行投資管理(NBIM)、すべての投資先企業にネット・ゼロの目標を要請

 

9月20日、ノルウェー銀行投資管理(NBIM)は、新たな気候変動対策計画を開始し、2050年までにファンドの全企業でネット・ゼロエミッションを達成する目標を発表した。

NBIMは、ノルウェーの石油・ガス資源からの収益を管理するために設立された。現在では、世界の上場企業の約1.5%の株式を保有する世界最大級のファンドに成長し、70カ国、9,000社を超える企業を保有している。

NBIMは、新しい気候変動対策計画のもと、すべての高排出企業に対して「緊急課題として」2050年のネット・ゼロ目標を設定し、すべての投資先企業に対しても遅くとも2040年までに目標を設定することを期待している。本発表により企業は、スコープ1、スコープ2、重要なスコープ3の排出量をカバーする短期、中期、長期の目標および移行計画、さらにパフォーマンスに関する情報開示の改善を求められることになる。

気候変動対策計画は、気候変動リスクと機会を管理するためのNBIMのアプローチを説明するもので、市場基準の改善、ポートフォリオの回復力の向上、投資先企業との関わりをターゲットに、2022年から2025年のファンドの計画行動を定めている。

本計画には、市場、ポートフォリオ、企業レベルでのファンドの行動と、エンゲージメントや報告に関する計画が含まれている。市場レベルでは、規制当局に対して上場・非上場企業の気候関連報告書の策定を促すこと、他の投資家との連携を深め、ベストプラクティスの共有や共通の期待値の策定などを計画している。ポートフォリオレベルでは、気候変動リスクの測定と管理のための原則を策定し、株式ポートフォリオをさまざまな気候変動シナリオに対してストレステストすること、非上場不動産ポートフォリオに気候変動目標を設定し、再生可能エネルギーインフラへの投資を増加させることを目指す。企業レベルでは、engage-to-changeアプローチを採用し、気候リスクと機会を投資分析に組み込み、ネット・ゼロのエンゲージメントアジェンダを設定すると述べている。同業他社に劣り、エンゲージメントに応じない企業は、除外候補となる。

NBIMはまた、出資する株式ポートフォリオのスコープ1およびスコープ2の温室効果ガス排出量の70%を占める企業を含むエンゲージメント重点リストを設定し、ポートフォリオの暗黙の温度調整、様々なシナリオでの気候リスク・エクスポージャー、エンゲージメント、気候関連または環境的に持続可能であると分類できる投資の割合などの側面を報告すると約束した。

【参照ページ】
New climate action plan

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る