Apple、セルフサービスリペアをMacノートブックに拡大

8月22日、Appleは、M1ファミリチップを搭載したMacBook AirおよびMacBook Proノートブックにおいて、修理マニュアルとApple純正部品およびツールを提供する「セルフサービスリペア」の開始を発表した。iPhone向けのセルフサービスリペアは今年初めに開始され、本プログラムは今年後半にヨーロッパを皮切りに他の国や他のMacモデルにも拡大する予定である。

MacBook AirとMacBook Pro向けのセルフサービス修理では、ディスプレイ、バッテリー付きトップケース、トラックパッドなど、各モデルごとに十数種類の修理が用意されており、今後も順次追加される予定。利用者は交換した部品をAppleに返送して再生やリサイクルを依頼することで、購入金額の控除を受けることができる。

利用者は、同社のホームページにアクセスし製品の購入マニュアルを確認した後、Appleセルフサービス修理ストアで必要な部品や工具を注文できる。1週間使用可能なレンタルキットも提供されている。

セルフサービス修理は、修理へのアクセスをさらに拡大するためのAppleの取り組みの一環である。同社は、電子機器の修理経験がない顧客には、Appleの純正部品を使用する認定技術者のいる専門の修理業者を訪れることを推奨している。

【参照ページ】
(原文)Apple expands Self Service Repair to Mac notebooks
(日本語訳)Apple、セルフサービスリペアをMacノートブックに拡大

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る