欧州委の共同研究センター(JCR)、欧州の干ばつ状況を評価した最新の報告書を発表

8月23日、欧州委員会の共同研究センター(JRC)は、欧州干ばつ観測所のデータと分析に基づく欧州の干ばつ状況の評価を更新した最新の報告書「Droughts in Europe – August 2022」を発表した。

本報告書によると、欧州の多くの地域で干ばつ状況が依然として深刻であることが明らかになった。EUの47%は依然として警告状態、つまり降水量が例年より少なく土壌水分が不足しており、17%は警戒状態、つまり植生や作物にも干ばつの悪影響が現れている。合計すると、欧州の64%が警報または警戒態勢にあり、火災の危険性がある地域がEU全域に広く広がっていることも一因となっている。

欧州委員会と科学者たちは、宇宙からも地上からも、利用可能な最高の技術を駆使してこの危機を図り、研究することで環境と市民を非常事態から守るための努力を主導している。水と熱のストレスは、2022年8月のJRC MARS Bulletinで報告されたように、夏作物の収量に関するこれまでのネガティブな見通しを大幅に悪化させる。EUレベルでの穀物トウモロコシ、大豆、ヒマワリの現在の収量予測はそれぞれ、16%、15%、12%。5年平均を16%、15%、12%下回っている。深刻な降水量不足は、欧州全域のほぼすべての河川に影響を及ぼし、水力発電と他の発電所の冷却システムの両方のエネルギー部門、および河川輸送に影響を及ぼしている。

今後数週間はまだ供給が危ぶまれる可能性があるため、EU加盟国のいくつかは水の制限措置をとった。2022年11月までの今後数ヶ月間、ユーロ地中海西部では、例年より暖かく乾燥した状況が続くと予想されている。JRCの専門家によると、現在の干ばつは、少なくとも500年以来最悪の状態であるという。

【参照ページ】
Droughts in Europe in August 2022: severe rainfall deficit is affecting crops and increasing fire risks

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る