GM、クリーンな輸送手段への投資を促進する初のグリーンボンドを発行

7月28日、自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は、同社初のグリーンボンドを発行し、クリーン・トランスポーテーション戦略の資金調達のために22億5000万ドル(約3,000億円)の無担保上位債券の価格を決定したことを発表した。

本グリーンボンドの募集は、先週発表されたGMの新しいサステナブル・ファイナンス・フレームワークに続くもので、同社のグリーンおよびソーシャルファイナンスの投資対象カテゴリー、プロジェクトの評価・選定プロセス、収益の管理、報告義務の概要が示されている。

GMが提出した報告書によると、今回の資金調達は、同フレームワークにある「クリーンな輸送」のカテゴリーに属するグリーンプロジェクトの資金調達や借り換えに使用される。このカテゴリーには、ゼロエミッション車や充電ソリューションから燃料電池技術やビークル・トゥ・グリード投資まで、研究開発や施設・インフラ投資、運営費などが含まれている。

【参照ページ】
(原文)GM Sells First Green Bonds in Push to Challenge Tesla in EVs
(日本語訳)GM、クリーンな輸送手段への投資を促進する初のグリーンボンドを発行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る