EU理事会、新しい水産養殖戦略ガイドラインに関する結論を承認

7月18日、ブリュッセルで開催された農水産会議において、EU上院の役割を果たす加盟国閣僚級のEU理事会は、EUにおける持続可能な水産養殖のさらなる発展のための一連の結論に合意した。

閣僚たちは、欧州委員会が提案した2021年から2030年にかけての、より持続可能で弾力性があり競争力のあるEUの水産養殖のための戦略的ガイドラインを歓迎した。また、同部門に適切な高い優先順位を与えることの重要性を強調した。理事会は、環境への影響が少ない淡水および海洋の新しい養殖方法の開発に対する支持を表明し、栄養価が高く、健康的で安全な食品の供給確保、EUの漁業および養殖製品の輸入への高い依存度の減少など、食糧安全保障に貢献する必要性を強調した。

閣僚はまた、捕食者、特にウやカワウソといった保護種の個体数増加に懸念を示し、養殖業者にとって大きな課題となっており、多くの企業に大きな損害を与えていることを指摘した。そのため、両氏は欧州委員会に対し、これらの捕食動物による被害を防止・軽減するための効果的・効率的なEU全体の管理手段を特定するよう促した。また、動物福祉と研究が重要な役割を果たす疾病管理の重要性も強調した。

最後に、閣僚らは、EUの水産養殖の環境性能を高めるためのさらなるステップとして、「農場から食卓まで」戦略および「有機生産開発のための行動計画」で想定されているように、有機水産養殖の拡大について述べた。彼らは欧州委員会に対し、現在は非常に厳しい条件下でのみ貝類と魚類の養殖を有機として認証している、有機生産と有機製品の表示に関する規則の改正案を検討するよう要請した。

淡水、海洋、その他の養殖システムの中には、より高い環境性能を達成しているものもある。しかし、現在、持続可能な製品にラベルを付けたり認証したりするEUレベルの制度はなく、こうしたタイプの養殖を優遇する条件も設定されていない。したがって、閣僚らは欧州委員会に対し、生産者の意欲を高め、これらの活動に対する長期的な支援制度を確保するため、環境にやさしい、あるいは追加の生態系サービスを可能にするような養殖管理をしている生産者を認め、それに報いるための透明なEUシステムの確立を提案するよう要請した。また、欧州委員会は、養殖のあらゆる利点について消費者の認識を高めることも推奨した。

【参照ページ】
(原文)Council approves conclusions on the new aquaculture strategic guidelines for a more sustainable, resilient and competitive aquaculture sector
(日本語訳)理事会、より持続可能で強靭な競争力のある養殖セクターのための新しい養殖戦略ガイドラインに関する結論を承認

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る