BASF、プラスチックのリサイクルを可能にするPuriCycleを発表

 

7月13日、BASFは、最も複雑な廃プラスチックの熱分解フィードを浄化するための先進的な高性能製品の新ラインアップ、PuriCycleを発表した。

PuriCycleのポートフォリオには、熱分解油中のさまざまな不純物を選択的に除去または変換し、循環型プラスチックストリームの下流処理を可能にするために開発された新規触媒と吸着剤が含まれている。

PuriCycleは、プラスチック廃棄物のケミカルリサイクルから得られる二次原料である熱分解油を精製し、バリューチェーンの最初の段階で新しいプラスチックの生産工程に投入する。廃プラスチックから得られる熱分解油の精製は、プラスチックのケミカルリサイクルの中でも最も難しい技術課題である。ハロゲン、窒素、酸素、硫黄化合物などの不純物や、ジエンなどの高濃度の反応性成分は、下流での使用を複雑にし、新素材の生産における熱分解油のさらなる処理に厳しい制限を課している。PuriCycleはプラスチックの循環型経済の構築に大きく貢献する。

プラスチック廃棄物は、環境だけでなく、化石原料への依存度を低減した持続可能なバリューチェーンの探求が再開された化学業界にとっても根本的な問題である。BASFは、プラスチック廃棄物の課題を解決するためのソリューションに貢献することを約束する。

【参照ページ】
(原文)BASF introduces PuriCycle® portfolio of catalysts and adsorbents to enable plastics recycling 
(日本語訳)BASF、プラスチックのリサイクルを可能にするPuriCycleを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る