Carlsberg、100%リサイクル可能な木質繊維を使用したビール瓶を導入

6月22日、ビール醸造会社のCarlsberg(カールスバーグ)は、バイオベースで完全にリサイクル可能な新しいファイバーボトルを試験的に導入するプロジェクトの開始を発表した。本プロジェクトでは、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、イギリス、ポーランド、ドイツ、フランスで8,000本のボトルを導入する予定である。

新しいボトルの外殻は、持続可能な方法で調達された木材繊維で構成されており、バイオベースだ。ボトルは、植物由来のPEFポリマーのライニングを備えており、ビールと繊維外皮の間のバリアとして、従来の化石燃料由来のPETプラスチックよりも飲料の品質を保護できる。この内張りは天然素材から作られ、プラスチックのリサイクルシステムにも適合している。また、PEFはリサイクルシステムの外に出た場合、自然に分解される可能性がある。

残る課題として、今現在キャップは100%バイオベースでないパーツである。カールスバーグによると、パートナーとともに、代替繊維ベースのボトルキャップを調査し、2023年に一般的なソリューションを提供する。

新しいボトルには、有機農法や再生農法で栽培されたビール醸造用の大麦が使用されている。この大麦の栽培方法は、従来の農法と比較して、農地の生物多様性を改善し、土壌の健全性を高め、土壌による自然の炭素固定を増加できるという。同社は、このファイバーボトルによって、現在の使い捨てガラスボトルよりも最大80%少ない排出量を達成する想定である。

【参照ページ】
(原文)Carlsberg makes bio-based and fully recyclable bottles available to consumers in its largest ever trial
(日本語訳)Carlsberg、完全にリサイクル可能な木質繊維を使用したビール瓶を試験的に導入

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る