気候変動スタートアップEH2、約270億円を調達しグリーン水素技術を拡張

6月22日、気候変動技術のスタートアップであるElectric Hydrogen(EH2)は、グローバル産業の脱炭素化を支援するグリーン水素を製造する電解槽技術および実証プロジェクトの拡大を目的とした資金調達ラウンドで、1億9,800万ドル(約269億円)を調達したと発表した。

今回の資金調達は、Fifth Wall Climate Techが主導し、S2G Ventures、Silicon Valley BankおよびTrinity Capitalが参加したものだ。

EH2は、低コストで高効率の、化石燃料を使わない水素システムの技術を開発している。同社の高処理電解槽技術は、大規模な産業活動を支えるために必要な水素を大量かつ低コストで製造することを目的としており、100%クリーンエネルギーで動作する。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられており、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによるソリューションが実用化されていない、排出量の削減が困難なセクターにおいて重要な役割を担っている。再生可能エネルギーを動力源として他の物質から水素を取り出すグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力の開発には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要となる。

今回の資金調達で得た資金は、高処理電解槽技術のスケールアップや、化石燃料を使用しない水素を大規模に製造するための実証プロジェクトの製造・展開に使用される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Electric Hydrogen Secures $198M in Financing to Decarbonize Global Industries With Fossil-Free Hydrogen
(日本語訳)気候変動スタートアップEH2、グリーン水素技術の拡張のために約2億ドルを調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る