気候変動スタートアップEH2、約270億円を調達しグリーン水素技術を拡張

6月22日、気候変動技術のスタートアップであるElectric Hydrogen(EH2)は、グローバル産業の脱炭素化を支援するグリーン水素を製造する電解槽技術および実証プロジェクトの拡大を目的とした資金調達ラウンドで、1億9,800万ドル(約269億円)を調達したと発表した。

今回の資金調達は、Fifth Wall Climate Techが主導し、S2G Ventures、Silicon Valley BankおよびTrinity Capitalが参加したものだ。

EH2は、低コストで高効率の、化石燃料を使わない水素システムの技術を開発している。同社の高処理電解槽技術は、大規模な産業活動を支えるために必要な水素を大量かつ低コストで製造することを目的としており、100%クリーンエネルギーで動作する。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素の一つと考えられており、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによるソリューションが実用化されていない、排出量の削減が困難なセクターにおいて重要な役割を担っている。再生可能エネルギーを動力源として他の物質から水素を取り出すグリーン水素のようなクリーンな水素供給能力の開発には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要となる。

今回の資金調達で得た資金は、高処理電解槽技術のスケールアップや、化石燃料を使用しない水素を大規模に製造するための実証プロジェクトの製造・展開に使用される予定だ。

【参照ページ】
(原文)Electric Hydrogen Secures $198M in Financing to Decarbonize Global Industries With Fossil-Free Hydrogen
(日本語訳)気候変動スタートアップEH2、グリーン水素技術の拡張のために約2億ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る