S&P Global、スコープ3排出量とサプライチェーンのダイバーシティ目標に連動した1,400億円超のSLBを発行

 

3月4日、S&P Globalは、初のサステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)発行を発表した。2029年のサステナビリティ・リンク・シニアノート12億5000万ドル(約1,442億円)の募集で、負債コストは排出削減やサプライヤーのダイバーシティなどのサステナビリティ目標に連動している。本債券のサステナビリティ目標には、出張による気候への影響やサプライヤーを通じた間接的な支出などが含まれている。

今回の発行は、S&P Globalが55億ドル(約6,345億円)のシニア債発行及び市場データサービス会社のIHS Markitと1,400億ドル(約16兆円)の合併完了に続く発表だ。

SLBの提供は、S&P Globalが最近発表した「Sustainability-Linked Bond Framework」を参照しており、本フレームワークには企業のパフォーマンスを測定するSustainability Performance Targets(SPT)の概要が記載されている。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Announces Pricing of Offering of $1,250,000,000 Senior Notes due 2027, $1,250,000,000 Sustainability-Linked Senior Notes due 2029, $1,500,000,000 Senior Notes due 2032, $1,000,000,000 Senior Notes due 2052 and $500,000,000 Senior Notes due 2062
(日本語訳)S&P Global、スコープ3排出量とサプライチェーンのダイバーシティ目標に連動した1,400億円超のSLBを発行

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る