S&P Global、スコープ3排出量とサプライチェーンのダイバーシティ目標に連動した1,400億円超のSLBを発行

 

3月4日、S&P Globalは、初のサステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)発行を発表した。2029年のサステナビリティ・リンク・シニアノート12億5000万ドル(約1,442億円)の募集で、負債コストは排出削減やサプライヤーのダイバーシティなどのサステナビリティ目標に連動している。本債券のサステナビリティ目標には、出張による気候への影響やサプライヤーを通じた間接的な支出などが含まれている。

今回の発行は、S&P Globalが55億ドル(約6,345億円)のシニア債発行及び市場データサービス会社のIHS Markitと1,400億ドル(約16兆円)の合併完了に続く発表だ。

SLBの提供は、S&P Globalが最近発表した「Sustainability-Linked Bond Framework」を参照しており、本フレームワークには企業のパフォーマンスを測定するSustainability Performance Targets(SPT)の概要が記載されている。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Announces Pricing of Offering of $1,250,000,000 Senior Notes due 2027, $1,250,000,000 Sustainability-Linked Senior Notes due 2029, $1,500,000,000 Senior Notes due 2032, $1,000,000,000 Senior Notes due 2052 and $500,000,000 Senior Notes due 2062
(日本語訳)S&P Global、スコープ3排出量とサプライチェーンのダイバーシティ目標に連動した1,400億円超のSLBを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る