S&P Global、スコープ3排出量とサプライチェーンのダイバーシティ目標に連動した1,400億円超のSLBを発行

 

3月4日、S&P Globalは、初のサステナビリティ・リンク・ボンド(SLB)発行を発表した。2029年のサステナビリティ・リンク・シニアノート12億5000万ドル(約1,442億円)の募集で、負債コストは排出削減やサプライヤーのダイバーシティなどのサステナビリティ目標に連動している。本債券のサステナビリティ目標には、出張による気候への影響やサプライヤーを通じた間接的な支出などが含まれている。

今回の発行は、S&P Globalが55億ドル(約6,345億円)のシニア債発行及び市場データサービス会社のIHS Markitと1,400億ドル(約16兆円)の合併完了に続く発表だ。

SLBの提供は、S&P Globalが最近発表した「Sustainability-Linked Bond Framework」を参照しており、本フレームワークには企業のパフォーマンスを測定するSustainability Performance Targets(SPT)の概要が記載されている。

【参照ページ】
(原文)S&P Global Announces Pricing of Offering of $1,250,000,000 Senior Notes due 2027, $1,250,000,000 Sustainability-Linked Senior Notes due 2029, $1,500,000,000 Senior Notes due 2032, $1,000,000,000 Senior Notes due 2052 and $500,000,000 Senior Notes due 2062
(日本語訳)S&P Global、スコープ3排出量とサプライチェーンのダイバーシティ目標に連動した1,400億円超のSLBを発行

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る