主要機関投資家IIGCC・PRI・UKSIFのCEOら、天然ガスをグリーン投資の分類から除外するよう英国に要請

6月21日、気候変動に関する機関投資家グループ(IIGCC)、PRI、UKSIFの主要機関投資家3団体のCEOは、英国政府に対して公開書簡を発表し、英国の「グリーン分類」に天然ガス活動を含める可能性に強い反対を表明した。

本書簡は、英国政府が天然ガスをグリーン投資に含める措置を積極的に検討しているという最近のメディアの報道を受けて作成されたものだ。IIGGC、PRI、UKSIFは、本措置は多くの投資家にとって英国の分類法の信頼性を損ない、持続可能な金融における英国の主導的地位を今後数年にわたり大きく損なうと確信している。

また、署名者は、エネルギー安全保障に関する短期的な考慮と分類法とを混同してはならず、ガスを含めることは、投資家がより明確さを必要としている時に、誤解を招く恐れがあると主張している。

【参照ページ】
(原文)Leading investor groups call for natural gas to be excluded from the UK’s ‘green taxonomy’
(日本語訳)主要機関投資家IIGCC・PRI・UKSIFのCEOら、天然ガスをグリーン投資の分類から除外するよう英国に要請

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る