GTT-LAC、地域共通タクソノミー策定作業を開始

GTT-LAC、地域共通タクソノミー策定作業を開始

6月7日、ラテンアメリカ・カリブ海地域のサステナブル・ファイナンス分類に関するワーキンググループ (GTT-LAC)の活動が、コスタリカの環境・エネルギー大臣でラテンアメリカ・カリブ海地域環境大臣フォーラムの議長を務めるフランツ タテンバッハ閣下によって正式に開始された。

サステイナブル・ファイナンス・タクソノミとは、環境的に持続可能な活動を分類するシステムで、民間セクター、特に金融やビジネスの関係者が、どの活動がどの分類に当てはまるかの判断を支援するものである。タクソノミは、世界経済の脱炭素化の鍵となる持続可能なプロジェクトに対する優遇的な資本フローを増加させるのに役立つ。

現在、世界では約10の分類法が実施されており、15以上の分類法が開発中である。LACには実施中のタクソノミが1つ(コロンビアのグリーン・タクソノミ、2022年3月に発行)、開発中のタクソノミが6つある。

これらのタクソノミに共通のフレームワークを作ることは、世界の他のタクソノミとの相互運用性を高める。その一例が、持続可能な金融に関する国際プラットフォーム(IPSF)を通じて、両タクソノミのアプローチの類似点と相違点を評価するために開発されたEU-China Common Framework(EU-China共通フレームワーク)である。

GTT-LACは、ラテンアメリカ・カリブ海地域の環境大臣フォーラムにおける省庁間技術委員会(ITC)のイニシアティブであり、国連環境計画(UNEP)、ラテンアメリカ経済委員会(ECLAC)、国連開発計画(UNDP)、世界銀行グループ、米州開発銀行(IADB)、ラテンアメリカ開発銀行(CAF)、国連食糧農業機関(FAO)によって構成されている。LAC分類法作業部会は、欧州委員会のEUROCLIMA+プログラムによる財政的支援を受けている。

【参照ページ】
(原文)TOWARDS A COMMON LANGUAGE: THE URGENT NEED TO BUILD A COMMON FRAMEWORK OF SUSTAINABLE FINANCE TAXONOMIES IN LATIN AMERICA AND THE CARIBBEAN.
(日本語訳)GTT-LAC、地域共通タクソノミー策定作業を開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る