Novoloop、約27億円を調達 プラスチックの「アップサイクル」技術を拡大

Novoloopが約27億円を調達し、プラスチックの「アップサイクル」技術を拡大へ

6月2日、先進的なプラスチックリサイクル企業であるNovoloop(以下ノボループ)は、今年初めに発表したシリーズA資金調達の1,100万ドル(約14億円)から拡大し、2,100万ドル(約27億円)を調達したと発表した。本資金は、リサイクルされないことが多いプラスチックを高性能な化学物質や材料に変える同社の「アップサイクル」プロセス技術の商業化の規模を拡大するために使用される。

ノボループ は、共同創業者のJeanny YaoとMiranda Wangによって2015年に立ち上げられた。同社は、ポリエチレンを分解して新しい製品に合成できる化学構成要素にするプロセス技術ATOD(Accelerated Thermal Oxidative Decomposition)によって、プラスチック廃棄物を化学物質や材料に変える先駆的な存在となっている。ATODは、一般的なプラスチック廃棄物に含まれる炭素をアップサイクルすることができる。このような廃棄物は通常、材料回収施設で回収・販売するには価値が低すぎるため、焼却や埋め立てに回される。

今回の資金調達ラウンドは、インパクト重視の起業家コミュニティであるMistletoe Singaporeと、エネルギーソリューションおよび材料企業のHanwha Solutionsが主導した。

ノボループのATODプロセスに基づく最初の製品は、靴、アパレル、スポーツ用品、自動車、電子機器などの高性能用途に使用できる熱可塑性ポリウレタン(TPU)、Oistre(オイスター)である。今回の資金調達により、同社はパイロット生産の規模を拡大し、これらの分野の顧客が同製品をより容易に利用できるようにするという。

また、ノボループは、材料回収源から出る消費者使用後のプラスチック廃棄物の品質を評価するために、原料前処理装置を設置する計画もあると述べている。

【参照ページ】
(原文)Novoloop Extends Series A Round To $21M
(日本語訳)Novoloop、シリーズAラウンドを2100万ドルに拡大

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る