中国保険会社の平安、消費者の支出に伴うCO2の追跡と削減を実現

5月24日、平安(ピンアン)保険の子会社である平安銀行は、消費者が個人的な支出によるCO2を追跡し、削減するのに役立つ個人向け炭素勘定プラットフォーム「ローカーボンホーム」の提供開始を発表した。本ソリューションは、同銀行、中国銀聯、上海環境エネルギー取引所が共同で開発したものだ。

低炭素ホームは、環境に配慮した「グリーン」な行動に関するデータを収集し、公共交通機関の利用、自転車のシェアリング、再生可能エネルギーによる電気自動車の充電、デジタル決済の利用などによる排出削減量を算出し、ユーザーに提供するものである。本ソリューションは、国の炭素排出権取引と炭素クレジットのプラットフォームである上海環境エネルギー取引所(SEEE)の手法を使用している。

アカウント所有者は、特定のグリーン行動に対してポイントを獲得し、新たな「グリーン電力」ボーナスポイントスキームを通じて、植林などのグリーン資産と交換することができる。獲得できるポイントには、グリーンな旅行、デジタル・チャネルを通じた公共料金の支払い、デジタルな日常生活などが含まれる。

平安銀行は今後、より多くのグリーン行動をプラットフォームに統合し、公共交通機関のバウチャーなど、グリーン電力スキームに交換可能なグリーン資産を追加していく予定だ。

【参照ページ】
(原文)Ping An Bank launches personal carbon accounts. Advocating a green and low-carbon lifestyle for consumers
(日本語訳)中国保険会社の平安、消費者の支出に伴うCO2の追跡と削減を実現

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    2022-6-28

    低炭素建築技術企業Vestack、14億円超を調達

    6月24日、低炭素建築技術企業のVestackは、成長の加速、増産、研究開発の資金調達を目的として…
  2. Neste・ATR・Braathens、100%持続可能な航空燃料による初フライトを実施

    2022-6-28

    Neste・ATR・Braathens、SAFを使用した初フライトを実施

    6月21日、再生可能燃料供給会社Neste、リージョナル航空機メーカーATR、スウェーデンの航空会…
  3. G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    2022-6-28

    G7首脳、新興国の持続可能なインフラ整備に81兆円超の資金調達を約束

    6月26日、ドイツで開催されたG7サミットで、主要先進国の首脳は、主に途上国に焦点を当てた「質の高…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る