TrafiguraとPalantir、サプライチェーンにおけるCO2排出量追跡プラットフォームを開発

5月24日、Trafiguraと、データと分析に特化したソフトウェア開発会社のPalantir・Technologiesは、商品サプライチェーン全体の炭素排出量を計算・報告するための技術サービスプラットフォームの開発を目的とした新たな協業を開始すると発表した。

今回の新たなプラットフォームは、サプライチェーン全体における商品の生産、加工、輸送から生じる排出量の透明性を高めることを目的としており、参加者は間接業務に関連するライフサイクル排出量をより良く把握し、他の参加者とベンチマークし、低炭素化経路の機会を強調できるようにする。

本コラボレーションは、過去1年間に両社が行った作業に基づいており、実際に出荷された商品を用いて、何百万もの炭素経路のシナリオをモデル化する初期段階のパイロット版を開発した。プロジェクトでは、まず原油と精製品、精鉱と精錬金属から始まるサプライチェーン全体の炭素強度を計算する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Palantir and Trafigura announce collaboration to deliver supply chain carbon emissions platform to market
(日本語訳)TrafiguraとPalantir、サプライチェーンにおけるCO2排出量追跡プラットフォームを開発

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る