TrafiguraとPalantir、サプライチェーンにおけるCO2排出量追跡プラットフォームを開発

5月24日、Trafiguraと、データと分析に特化したソフトウェア開発会社のPalantir・Technologiesは、商品サプライチェーン全体の炭素排出量を計算・報告するための技術サービスプラットフォームの開発を目的とした新たな協業を開始すると発表した。

今回の新たなプラットフォームは、サプライチェーン全体における商品の生産、加工、輸送から生じる排出量の透明性を高めることを目的としており、参加者は間接業務に関連するライフサイクル排出量をより良く把握し、他の参加者とベンチマークし、低炭素化経路の機会を強調できるようにする。

本コラボレーションは、過去1年間に両社が行った作業に基づいており、実際に出荷された商品を用いて、何百万もの炭素経路のシナリオをモデル化する初期段階のパイロット版を開発した。プロジェクトでは、まず原油と精製品、精鉱と精錬金属から始まるサプライチェーン全体の炭素強度を計算する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Palantir and Trafigura announce collaboration to deliver supply chain carbon emissions platform to market
(日本語訳)TrafiguraとPalantir、サプライチェーンにおけるCO2排出量追跡プラットフォームを開発

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る