PwC、Blackstone傘下のSpheraとESGデータおよびレポーティング・ソリューションで提携

PwC、Blackstoneの支援を受けるSpheraとESGデータおよびレポーティング・ソリューションで提携

5月3日、グローバルなプロフェッショナルサービス企業である PwCとBlackstone傘下のESGパフォーマンスおよびリスク管理ソフトウェア、データ、コンサルティングサービスプロバイダーの Spheraは、PwC の顧客にSpheraの ESG ソフトウェアソリューションへのアクセスを提供する新たな提携を発表した。

今回の新たな提携により、PwCは、SpheraのESGソフトウェアソリューションの迅速な導入・活用を支援し、spheraの顧客基盤をより迅速に拡大するとともに、透明性と監査性に優れたESG報告に対する関係者の要求が高まる中でPwCの顧客にSpheraの技術へのアクセスを提供することが可能になる。

両社によると、本パートナーシップは、SECの気候変動報告規則やEUタクソノミー、サステナビリティ開示制度など、進化する規制要件に対応するためのコンプライアンス体制の確立に取り組む上場企業にとって、特に重要な意味を持つことになる。

Spheraは、世界中の組織と協力し、環境、健康、安全、サステナビリティ、運用リスク管理、製品管理の分野におけるESGリスクの把握、管理、軽減を支援している。同社は昨年、オルタナティブ投資マネージャーである Blackstone に買収され、Sphera の評価額は14億ドル(約1,800億円)となった。今年初め、BlackstoneはSpheraの炭素会計ソリューションを統合し、ポートフォリオ全体の排出量を削減するBlackstoneの取り組みに貢献すると発表した。

【参照ページ】
(原文)PwC and Sphera Announce Alliance to Help Rapidly Scale Implementation of Leading ESG Management Platform
(日本語訳)PwCとスフェラは、主要なESG管理プラットフォームの迅速な導入を支援するための提携を発表しました。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る