Daimler Buses、2030年までにすべてのセグメントでCO2ニュートラル車両の提供を約束

ダイムラーバス、2030年までにすべてのセグメントでバッテリーおよび水素を使用したCO2ニュートラル車両の提供を約束

5月2日、Daimler Buses代表のティル・オーバーヴェルダーは、同社が2030年までに、電池と水素をベースにしたCO2ニュートラル車両をあらゆるセグメントで提供する計画であり、まずは中核市場の欧州と中南米に焦点を当てると発表した。

Daimler Busesは、顧客のニーズに合わせたゼロエミッションのソリューションを提供するには、親会社であるダイムラートラックのデュアルトラック戦略に沿って、バッテリー電気と水素ベースの両方の技術に注力することが唯一の方法であると述べた。

同社は、2030年までに欧州で販売する新たなシティバスをCO2ニュートラル車のみにし、2039年までに欧州の中核市場で提供する新型車両をCO2ニュートラル車のみにするという目標を掲げている。さらに、2025年から初の全電気式都市間バスを、そして今後10年以内に水素ベースの燃料電池を搭載したバスを発売する予定だ。

Daimler Busesは来年から、これまでバッテリーのみで駆動していたメルセデス・ベンツeCitaroシティバスにレンジエクステンダーとして水素ベースの燃料電池を搭載し、シティバス分野における全電気自動車製品ポートフォリオに最大400kmの航続距離を追加する計画も立てている。さらに、今年末からは、eCitaroとeCitaroレンジエクステンダーに高エネルギーリチウムイオンバッテリーを搭載して提供する。

【参照ページ】
(原文)Daimler Buses to offer CO2-neutral vehicles in every segment by 2030 – dual-track strategy based on batteries and hydrogen

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る