Daimler Buses、2030年までにすべてのセグメントでCO2ニュートラル車両の提供を約束

ダイムラーバス、2030年までにすべてのセグメントでバッテリーおよび水素を使用したCO2ニュートラル車両の提供を約束

5月2日、Daimler Buses代表のティル・オーバーヴェルダーは、同社が2030年までに、電池と水素をベースにしたCO2ニュートラル車両をあらゆるセグメントで提供する計画であり、まずは中核市場の欧州と中南米に焦点を当てると発表した。

Daimler Busesは、顧客のニーズに合わせたゼロエミッションのソリューションを提供するには、親会社であるダイムラートラックのデュアルトラック戦略に沿って、バッテリー電気と水素ベースの両方の技術に注力することが唯一の方法であると述べた。

同社は、2030年までに欧州で販売する新たなシティバスをCO2ニュートラル車のみにし、2039年までに欧州の中核市場で提供する新型車両をCO2ニュートラル車のみにするという目標を掲げている。さらに、2025年から初の全電気式都市間バスを、そして今後10年以内に水素ベースの燃料電池を搭載したバスを発売する予定だ。

Daimler Busesは来年から、これまでバッテリーのみで駆動していたメルセデス・ベンツeCitaroシティバスにレンジエクステンダーとして水素ベースの燃料電池を搭載し、シティバス分野における全電気自動車製品ポートフォリオに最大400kmの航続距離を追加する計画も立てている。さらに、今年末からは、eCitaroとeCitaroレンジエクステンダーに高エネルギーリチウムイオンバッテリーを搭載して提供する。

【参照ページ】
(原文)Daimler Buses to offer CO2-neutral vehicles in every segment by 2030 – dual-track strategy based on batteries and hydrogen

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る