欧州委員会、サステナブル・プロダクトを欧州の標準とするための提案を発表。繊維製品や建築物が対象

EU、消費財の環境負荷に対応する規則を提案

3月30日、欧州委員会はEU全域のほぼすべての製品のサステナビリティ・プロファイルを改善し、ライフサイクルを通じてより環境に優しく、循環型、エネルギー効率の高いものにすることを目的とした提案を開始した。

本提案は広範な物理的財を対象とし、繊維製品の耐久性・修理性・再使用性・リサイクル性を高めるための新戦略、建設製品の環境・気候性能の向上、消費者が製品の環境持続性についてより良く知ることができるようにするための新たな規則案の導入などを含んでいる。

サステナブル・プロダクトを欧州の標準とするための主要な行動には、エコデザイン要件による製品の環境・循環・エネルギー効率の向上、デジタル製品パスポートの導入による製品のサステナビリティ情報の改善、売れ残り消費財の廃棄防止、持続可能なビジネスモデルの推進、グリーン公共調達の要件設定などが含まれる。

欧州委員会によると建築物は資源の採掘と消費の約50%を担っており、EUの年間発生する廃棄物の30%以上を占めている。建設資材規則の改正は既存の規則を近代化し、建設資材の環境性能を評価するための枠組みの作成を目的としている。新たな要件は、これらの製品の耐久性・修理性・リサイクル性・再製造の容易性の向上を目的としている。

ヨーロッパの繊維製品の消費は、食料・住宅・移動に次いで、環境と気候変動に与える影響が4番目に大きい。繊維に関する2030年のビジョンには、EU市場で販売されるすべての繊維製品を、リサイクルや修理が可能で有害物質を含まず、できる限り再生繊維を使用し、社会的権利と環境を尊重して生産するようにすることが盛り込まれている。

繊維戦略における新たな具体的施策としては、繊維製品のデザイン要件、より明確な情報とDgital Product Passport、グリーンウォッシュの厳格な管理、過剰生産と過剰消費の逆転、EU extended producer responsibility schemeの義務化などが予定されている。

【参照ページ】
Green Deal: New proposals to make sustainable products the norm and boost Europe’s resource independence

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る