SAPとUnilever、パーム油トレーサビリティのためのグリーントークン実証に成功

SAPとUnilever、森林破壊を伴わないパームオイルを支援するブロックチェーン技術を試験的に導入

3月21日、Unileverはインドネシアでの実証実験において、188,000 トン以上のアブラヤシ果実の調達にGreenTokenを適用し、成功させた。本ソリューションにより、Unileverが調達するGolden Agri-Resources やその他のサプライヤーは、サプライチェーン全体におけるパーム油のマテリアルフローを反映したトークンを作成し、その原産地に関連する固有の属性を把握することが可能になった。

GreenTokenソリューションにより、Unileverはパーム油の原産地と、長く複雑なサプライ・チェーンでの行程をほぼリアルタイムで追跡・検証・報告することができるようになった。

GreenTokenとの連携は、Unileverのサプライチェーンを完全に可視化するための継続的かつ業界をリードする取り組みを強化するものだ。

【参照ページ】
(原文)SAP, Unilever Pilot Blockchain Technology Supporting Deforestation-Free Palm Oil
(日本語訳)SAPとUnilever、パーム油トレーサビリティのためのグリーントークン実証に成功

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る