SAPとUnilever、パーム油トレーサビリティのためのグリーントークン実証に成功

SAPとUnilever、森林破壊を伴わないパームオイルを支援するブロックチェーン技術を試験的に導入

3月21日、Unileverはインドネシアでの実証実験において、188,000 トン以上のアブラヤシ果実の調達にGreenTokenを適用し、成功させた。本ソリューションにより、Unileverが調達するGolden Agri-Resources やその他のサプライヤーは、サプライチェーン全体におけるパーム油のマテリアルフローを反映したトークンを作成し、その原産地に関連する固有の属性を把握することが可能になった。

GreenTokenソリューションにより、Unileverはパーム油の原産地と、長く複雑なサプライ・チェーンでの行程をほぼリアルタイムで追跡・検証・報告することができるようになった。

GreenTokenとの連携は、Unileverのサプライチェーンを完全に可視化するための継続的かつ業界をリードする取り組みを強化するものだ。

【参照ページ】
(原文)SAP, Unilever Pilot Blockchain Technology Supporting Deforestation-Free Palm Oil
(日本語訳)SAPとUnilever、パーム油トレーサビリティのためのグリーントークン実証に成功

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る