SAPとUnilever、パーム油トレーサビリティのためのグリーントークン実証に成功

SAPとUnilever、森林破壊を伴わないパームオイルを支援するブロックチェーン技術を試験的に導入

3月21日、Unileverはインドネシアでの実証実験において、188,000 トン以上のアブラヤシ果実の調達にGreenTokenを適用し、成功させた。本ソリューションにより、Unileverが調達するGolden Agri-Resources やその他のサプライヤーは、サプライチェーン全体におけるパーム油のマテリアルフローを反映したトークンを作成し、その原産地に関連する固有の属性を把握することが可能になった。

GreenTokenソリューションにより、Unileverはパーム油の原産地と、長く複雑なサプライ・チェーンでの行程をほぼリアルタイムで追跡・検証・報告することができるようになった。

GreenTokenとの連携は、Unileverのサプライチェーンを完全に可視化するための継続的かつ業界をリードする取り組みを強化するものだ。

【参照ページ】
(原文)SAP, Unilever Pilot Blockchain Technology Supporting Deforestation-Free Palm Oil
(日本語訳)SAPとUnilever、パーム油トレーサビリティのためのグリーントークン実証に成功

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. EU、グリーンディール産業計画を開始

    2023-2-6

    EU、グリーンディール産業計画を開始

    2月1日、欧州委員会は欧州のネット・ゼロ産業の競争力を強化し、EUの気候ニュートラルへの移行支援を…
  2. UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    2023-2-6

    UniCredit、新規石油プロジェクトに対する融資を終了

    1月31日、欧州の商業銀行UniCreditは、石油・ガス、発電、自動車など、炭素集約型の一連のセ…
  3. アル・ゴアの気候変動基金、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2023-2-6

    Just Climate、産業用脱炭素ソリューション企業へ初出資

    2月1日、気候ソリューションに特化した投資事業であるJust Climateは、鉄鋼セクターの脱炭…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る