35以上の団体、アニマルフリーを普及するためのイニシアティブ「ICCS」を発足

35 以上の団体、アニマルフリーを普及するためのイニシアティブ「ICCS」を発足

2月8日、35以上の化粧品メーカーおよびサプライヤー、業界団体、動物保護団体は、化粧品の安全性試験に関わるすべての人々にアニマルフリー手法を受け入れ、使用することを目的としたイニシアティブ 「化粧品の安全性に関する国際協力(ICCS)」の発足を発表した。

ICCSは、新しいアニマルフリー安全性評価手法の厳密かつ科学的な評価に資金を提供することで、アニマルフリー化粧品、パーソナルケア製品、成分のイノベーションを支援する。また、これらの評価結果を化粧品や化学品の規制当局と共有し、動物実験を行わない安全性評価手法に対する信頼性を高めるための教育・訓練活動にも資金を提供する。

ICCS は既存の組織と協力し、以下を行う。

  • 動物を用いない安全性評価手法を評価し、さらに発展させ、ヒトの健康および環境保護に対する科学的妥当性を実証
  • 評価活動の結果を規制当局と共有し、世界中で行われている規制受け入れの議論に情報を提供
  • 最新のアニマルフリー安全科学の普及を促進するため、教育・訓練教材を提供

これらの取り組みにより、ICCSは、化粧品製品および成分のイノベーションにおいて、アニマルフリーメソッドをグローバルに実現するために活動している。

化粧品・パーソナルケア業界と動物保護団体は、約40年にわたり、動物を使わない安全性評価手法の開発、評価、活用において最前線に立ってきた。これには、革新的なインシリコおよびインビトロ手法による皮膚刺激性、遺伝毒性、眼刺激性および皮膚感作性に対処するための規制動物実験の代替への多大な貢献が含まれている。

研究と動物を用いない科学的手法が進歩する一方で、多くの政策や規制は依然として動物試験データを要求し、安全性評価に革新的な動物を用いない科学を適用する急速な進歩をまだ取り入れていない。このため、実行可能な代替手段が存在する場合でも、動物実験データが必要とされている。ICCSは、規制当局のニーズを理解し、革新的なアニマルフリーアプローチに基づく健全な科学的ソリューションを提供することで、ギャップを埋めることを目指している。

【参照ページ】
(原文)NEW INTERNATIONAL COLLABORATION ON COSMETICS SAFETY AIMS TO ADVANCE ACCEPTANCE OF ANIMAL-FREE SCIENCE WORLDWIDE
(日本語参考訳)35 以上の団体、アニマルフリーを普及するためのイニシアティブ「ICCS」を発足

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る