Iberdrola、1,280億円超のグリーンボンド発行を完了

 

3月9日、Iberdrolaは新たに10億ユーロ(約1,281億円)のグリーンボンドの発行を完了したと発表した。ウクライナ戦争の進行により欧州の社債市場が混乱し、過去数週間にわたり債券の発行が事実上停止していたが、今回の募集は強い需要に応えた。

今回の募集は3倍を超える応募があり、30億ユーロ(約3,845億円)を超える需要があった。満期は10年で、クーポンは1.375%に設定。Iberdrolaは調達資金をフランスのセント・ブリューク洋上風力発電所およびドイツのバルティック・イーグル洋上風力発電所における、 Iberdrola の再生可能エネルギー洋上風力発電設備への投資の一部に充てると述べている。

今回の募集は、Iberdrolaが昨年発表した2025年までにグリーン・サステナブル商品の比率が63%になるとの見通しに基づくものである。Iberdrolaは、Bank of America、Citibank、BNP、HSBC、BBVA、Santander、住友、Intesa San Paolo、INGを含む9行のグループが今回の調達に参加したと発表した。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola reopens the fixed income Euromarket with a €1 billion green bond issue
(日本語訳)Iberdrola、1,280億円超のグリーンボンド発行を完了

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る