IFRS、国際サステナビリティ基準委員会の新幹部人事を発表

IFRS、国際サステナビリティ基準委員会の新幹部人事を発表

1月27日、国際財務報告基準財団(IFRS)は国際サステナビリティ基準委員会(International Sustainability Standards Board)の新幹部人事として、IASBのスー・ロイド(Sue Lloyd)氏を副議長に、バリュー・リポーティング財団(Value Reporting Foundation)のCEOであるジャニーン・ギヨー(Janine Guillot)氏をISSB議長の特別顧問に任命するなど、2名の上級職を発表した。

今回の発表は、ダノンの前CEO兼会長のエマニュエル・フェイバーがISSBの初代議長に就任したことに続くものだ。ISSBは、2021年11月に開催された気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)で発表された、IFRSサステナビリティ・ディスクロージャー基準の策定を目的としている。

ISSBは、国際会計基準審議会(IASB)と併設されており、両審議会はIFRS財団の評議員会によって監督されている。ISSBの発足に伴い、IFRSは、サステナビリティ報告基準の主要機関であるClimate Disclosure Standards Board(CDSB)とValue Reporting FoundationをIFRS財団に統合することも発表した。

スー・ロイドは、2014年からIASBのメンバーであり、2016年からは副議長を務めている。彼女は、提案された基準の技術的準備作業を行うことを任務とする技術準備作業グループ(TRWG)のIASB代表を務めるなど、ISSBの設立において重要な役割を果たした。ロイドは、IASBでの現在の職務を退き、基準設定に関する技術的な問題や開発に関するISSBの活動に注力する。

ギヨーは、昨年国際統合報告評議会(IIRC)とサステナビリティ会計基準審議会(SASB)が合併して設立されたバリュー・リポーティング・ファウンデーションの最高経営責任者(CEO)を歴任し、合併前のSASBのCEOを務めた。SASBは投資家が報告されたサステナビリティ情報の重要性を評価し、これらの指標に基づいて企業をグローバルに比較するために、業界固有のESG開示基準を企業に設けることを使命として設立された。ギヨーは特別顧問として、ISSBの議長および評議員に戦略的なアドバイスや助言を提供し、VRFのIFRS財団への統合およびISSBの設立の監督を支援する。

また、IFRS財団は、ISSBの発展途上国や新興国、中小企業との関わりに焦点を当てるために、アジア・オセアニア地域からISSB議長の特別顧問をもう一名任命する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Sue Lloyd appointed as ISSB Vice-Chair and Janine Guillot appointed as Special Advisor to ISSB Chair
(日本語訳)IFRS、国際サステナビリティ基準委員会の新幹部人事を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る