JPモルガンAM、サステナビリティに特化したプライベート・エクイティ投資チームの立ち上げを発表

1月17日、J.P. Morgan Asset Managementは、サステナビリティを重視した成長型プライベート・エクイティ投資チームを新設することを発表した。また、このチームの最初のプライベート・エクイティ戦略として、最大1億5,000万ドル(約170億円:オルタナティブ投資としては過去最大規模)を資源効率化や気候変動への適応を推進する成長段階の民間企業に投資する。

今回新設されたチームは、直近設立された成長株・プライベートクレジット投資プラットフォームであるJ.P. Morgan Private Capitalの一部を構成し、共同経営パートナーのTanya BarnesとOsei Van Horneが率いる。BarnesはBlackstoneグループから当社に参加し、Blackstone Impactプラットフォームの責任者を務めた。

Osei Van Horne は、6月に Managing Partner 兼 Sustainable Growth Equity Investing の Global Head としてJPMAMに入社した。以前は、Wells Fargo で同社の Strategic Capital Technology Division を共同設立し、高成長テクノロジー企業投資活動などを中心に活動していた。このチームの投資委員会には、JPモルガンのシニア気候科学者兼サステナビリティ戦略家であるSarah Kapnick博士も参加する予定だ。

【参照ページ】
(原文)JPMorgan Chase Commits $150 million to Chicago’s South and West Sides to Advance Racial Equity 
(日本語訳)J.P. Morgan、サステナビリティに特化したプライベート・エクイティ・チームを立ち上げ、1億5千万ドルの出資を決定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る