フォード、EVピックアップトラック「F-150」の生産をほぼ倍増。約20万台の予約が集まる

フォード、EVピックアップトラック「F-150」の生産をほぼ倍増。約20万台の予約が集まる

1月4日、自動車大手フォードは顧客の高い需要に後押しされ、EVピックアップトラック「F-150ライトニング」の生産能力を年間15万台とほぼ倍増する計画を発表した。同社によるとこの新型車には20万台近い予約が寄せられており、今週から予約者に向けてトラックの注文を開始するよう案内を進めている。

EV F-150の需要に対応するため、フォードは、製造、購買、戦略、製品開発、生産能力計画の従業員からなるタスクフォースが、同車の生産に適応し拡大する方法を模索中であると発表。フォードはまた、バッテリーセル、バッテリートレイ、電気駆動システムなどの電気自動車部品の生産能力を高める方法を見つけるために、主要サプライヤーと協力している。

今回の発表は、ここ数カ月の間にフォードの車両電動化計画が大幅に増加したことを受けたものである。同社は2025年までに300億ドル以上をEVに投資することを約束しており、2021年9月には、テネシー州の大規模キャンパスとケンタッキー州のバッテリー工場の建設に70億ドルの投資を計画し、北米におけるEVエコシステムの大規模拡張を開始した。また同社は、2年以内に世界のバッテリーEVの年間生産能力を60万台まで拡大することを見込んでいる。

フォードは、現在小売顧客向けのF -150ライトニングトラックと商用顧客向けのF -150ライトニングプロに関しては量産を加速する前の最後のプレビルド段階であると述べており、2022年のF-150ライトニング・ピックアップの納車は2022年春に開始予定であると述べている。

【参照ページ】
(原文)Ford plans surge in production of all-electric F-150 Lightning pickup truck
(日本語訳)フォード、電気自動車「F-150 Lightning」の生産台数急増を計画

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る