英政府、海での石油・ガス開発のため気候変動政策整合のチェックポイントを設定

海

12月20日、英国政府は、石油・ガス産業向けの新たな気候適合性チェックポイントの設計に関するコンサルテーションを開始した。

産業界と政府によるこの画期的な取引は、英国の石油・ガスセクターがより低炭素な未来へ移行することを支援するものである。秩序ある移行は、英国のエネルギー供給の安全性を維持し、高価値の雇用を支え、低炭素の未来を実現するために必要な専門知識を保護するために極めて重要である。

チェックポイントは、今後の石油・ガス許認可プロセスの前に実施される新たな措置で、2050年までにネット・ゼロを達成するという英国の目標を含む、英国の気候変動に関する公約に沿ったものであることのみを条件に新規認可が行われるようにする。

今回開始されたコンサルテーションは、石油・ガス業界の関係者を含む利害関係者に、新しい気候適合性チェックポイントの設計について意見を述べる機会を提供するものである。回答者は、提案されているチェックポイントの原則、構造、内容に関する意見を述べるよう求められる。

このコンサルテーションで得られたフィードバックをもとに、チェックポイントは、将来のライセンスの可能性を評価するための新たな尺度として確立される予定である。このチェックポイントは、将来のライセンスが、英国の気候変動目標に適合することを前提にのみ付与されることを保証するものである。もし将来のライセンスが、英国の気候変動に関する目標やネット・ゼロ達成の能力を損なうことを示す証拠があれば、その許認可は実行されない。

英国は、気候変動への取り組みにおける世界のリーダーとして、化石燃料からの脱却を世界的に推進している。しかし、英国が低炭素の解決策に移行する中で、石油とガスが今後数十年にわたって重要な役割を果たすことも認識しており、気候変動委員会は、非化石エネルギー形態への移行が一夜にして実現するものではないことを認めている。このチェックポイントにより、石油とガスは英国のエネルギー・ミックスに重要な安全性を提供し、排出を最小限に抑えながら、医薬品、プラスチック、化粧品、家電製品など多くの日常必需品の生産に使用されるようになる。

画期的な北海移行措置を通じ、英国はG7諸国の中で初めて、石油・ガス産業の変革を支援する計画を打ち出し、何万人もの雇用を支援した。このチェックポイントは、政府が低炭素社会への移行において石油・ガス業界を支援すると同時に、英国のネット・ゼロ公約の達成に取り組んでいることを示す重要な例となる。

【参照ページ】
(原文)UK government seeks views on new oil and gas climate checkpoint
(日本語訳)英国政府、石油・ガスに関する新たな気候変動チェックポイントについて意見募集

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る