経産省と環境省、プラスチック資源循環促進法に基づく再資源化事業計画を初認定

4月19日、経済産業省と環境省は、「プラスチック資源循環促進法」に基づき、3社の自主回収・再資源化事業計画及び再資源化事業計画を認定した。

プラスチック資源循環促進法は、令和4年4月1日に施行されたもので、今回が初めての認定となる。廃棄物を収集・運搬・処分する場合には、廃棄物処理法に基づき業の許可が必要とされているが、認定を受けた事業者は、計画の範囲において、業の許可が不要となり、許可を持たない製造・販売者事業者自らによる回収などの柔軟な再資源化を実施できる。

今回、緑川化成工業株式会社が自主回収・再資源化事業計画、三重中央開発株式会社とDINS関西株式会社が再資源化事業計画で認定を受けた。

【参照ページ】
プラスチック資源循環促進法に基づく事業者の再資源化に係る初めての認定を行いました

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る