GPIF、ESG株式パッシブ運用の改善に向けた取り組みを発表

4月14日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は既採用のESGインデックス運用に関する改善について発表した。GPIFは、投資先及び市場全体の持続的成長が運用資産の長期的な投資収益の拡大に必要との考えの下、ESGを考慮した投資を実施する。PDCAサイクルを回す活動も積極的に展開している。

ESG以外の要因によるパフォーマンスの振れは極力回避したいとして、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」と、「S&Pカーボンエフィシェント指数シリーズ」の2つの指数メソドロジーの改善、スチュワードシップ活動・ESG投資の効果測定を行うことを決めた。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN指数)については、企業の女性活躍に関する取組みを評価する性別多様性スコアは株価パフォーマンスにポジティブに貢献しているものの、クオリティスコアによるウエイト調整が主因となり、パフォーマンスは悪化傾向にあった。これを受け、GPIFは、ESG評価手法や指数のメソドロジーの改善のために、ESG評価会社や指数会社と積極的に対話を実施した上で、クオリティスコアによるウエイト調整を除外することを決定した。2023年5月からの適用となる。

S&Pカーボンエフィシェント指数シリーズについては、S&Pダウジョーンズ・インデックス社と対話を重ね、S&Pカーボンエフィシェント指数シリーズのメソドロジーの変更に関するコンサルテーションを実施。同社は企業のTCFD開示を評価に反映することを決定した。2021年6月に改訂されたコーポレートガバナンス・コードで、プライム市場上場会社に対して「TCFDまたはそれと同等の枠組みに基づく開示」が求められることを受けたものである。2023年6月から適用される。

またPDCAサイクルを適切に回すために、高度な統計分析の知見を有する研究機関やコンサルティング会社と協働し、2023年度から2024年度にかけてスチュワードシップ活動・ESG投資における定量的な効果測定を行うことも発表した。エンゲージメントの効果測定や運用受託機関の議決権行使に関する検証、ESG指数に基づく株式パッシブ運用の効果検証、企業価値・投資収益向上に資するESG要素の研究などをプロジェクトテーマとして設定している。

【参照ページ】
ESG株式パッシブ運用の改善に向けた取り組み

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る